学校 バレないカラコン

学校でバレないカラコンの選び方は?

瞳の派手盛りはNG!

プライベートでカラコンを付ける場合、瞳を大きく見せる、オシャレな色合いにするなど、派手盛りをしたくなることもありますよね。 気における友人と一緒のときなら構わないでしょう。 しかし、学校はすべての人がそうではありません。

友人以外の人もいますので、瞳の派手盛りをすると、バレたときにイジられることもあり得ます。 瞳をナチュラルに盛れるようなカラコンにすると、学校でバレるのを防ぐことができるでしょう。

なるべく、裸眼に近い状態にできるような色合いのものを選ぶのがおすすめです。 少し明るめなものだと、周囲からの印象も良くなることが多いですよ。

着色直径を盛り過ぎない

カラコンのレンズが着色されている部分がありますよね。 このサイズの大きさを示す値を着色直径と呼ばれており、選ぶときの参考にする人も多いでしょう。 着色直径は13mm前後が標準サイズとなっています。 14㎜以上のものだと、デカ盛りする人用といった感じではないでしょうか。

学校でバレないように付けたいという場合、着色直径を盛り過ぎないということも大切です。 14㎜以上のものだとバレる可能性が高いため、標準サイズの13mm前後のものを選ぶのが無難でしょう。

ただし、瞳の大きさには個人差があり、13mm前後でも大きい、小さいということがあり得ます。 自分の瞳のサイズに合わせて選ぶのがおすすめです。

デザインは控えめに

レンズの着色部分の外側に濃くて太いフチがあるカラコンを付けている人もいますよね。 また、瞳を強調するために、色素の濃いカラコンを付けている人を見かけることもあります。

これらは、周囲の人を引き付けやすいという部分はありますが、学校でバレないカラコンという観点では適していません。 カラコンを付けているのが分かりやすいですからね。 自然に瞳に馴染ませるフチなしで色素が薄めのカラコンを選ぶと、透明感のある瞳を演出することができます。 周囲の人もカラコンを付けていることに気づかず、何となく瞳の印象が良くなったと感じるのではないでしょうか。

参考サイト

出典:カラコン通販 クイーンアイズ《公式》

基礎知識

カラコン口コミ